ゲノム情報発現のしくみから生命の進化に迫る

 

本研究室では、多様な生物のゲノムDNA配列情報を進化系統学的観点から定量的に解析するとともに、オミクスと呼ばれるゲノムワイドな分子情報プロファイリングによってもたらされる細胞レベルの現象の知見を統合し、複雑な生命の成り立ちを分子レベルで理解するための研究を進めています。詳細はResearchのページをご覧ください。

キーワード:

ゲノム進化、遺伝子レパートリ、EvoDevo、ゲノム内不均一性、反モデル生物学、

円口類の分子進化、サメゲノム、水族館・動物園との学術的連携、IoT生物飼育・観察

 

最新情報

(過去の記事へはこちらから)

-l0hevv
cp-embryo-and-yolk
Figure4-FoxG-asymmetry
Gecko_30dpo_02
SFig-WntWholeFamilyTrees
01155483_edited
WhaleShark-Ningaloo-SKuraku-Mod
OR-TreeBigeneclusterScenario-margin
Storazame-7TM-Blue
Shark-KsDistri-margin
-2ef0de
1530332256296-Mod
20220405_092409
RHOspectrum-Rt-Cp-Spectrum-margin
Storazame-Eye
Hs-CHM13-v1.0-Circa
20210306_235255
NewWntSubtypes-OrthologyTable-margin
01100732
軟骨魚系統総覧―2019年マンダラ採用版
20220407_180458
CpFoxG123insitu-SupplFig6c-p
WntCluster3-margin
20220421_084056
IMG_20180728_102700
Elasmo-HoxC-repertoires
Kaiyukan
CpHox-clusters-CupdatedLongWrep-margin
20210306_235116
Pax4-6-10-Scenario-Feiner14-Fig
20220402_135054
ZebraSharkJuvenile-Kaiyukan-Nov21_2017
GenomeIntronSize-WithSpeciesNames
IMG_20180607_171801
OnlyFoxG-repertoire

       ↑クリックすると拡大されます