• Shigehiro Kuraku

「研究DX」への第一歩?

こんな題名はちょっと大げさかもしれませんが、いずれ繋がってくると期待します。


今週土曜に行われるLaboratory Automation勉強会にてオンライン発表をさせていただくことになりました。「サメのゲノムに惹かれてラズパイで水槽管理2 ー WFH期を含めた1年の変遷」というタイトルにしています。


実験を自動化してデータ取りをしている、というわけではありません。研究対象としている生物の飼育管理の一部を遠隔モニタリングし、異常時に自動アラートを送る、というシステムを神戸のラボで試している、という話です。昨年5月にも一度発表させていただいていましたが、今回は、その後約1年の取組みの簡単な紹介です。


スライド2枚だけ貼り付けておきます。




58回の閲覧

最新記事

すべて表示

八目鰻ゲノム

対象が限られますが、興味のある方にとっては重要な情報かと思い、文字にしておきます。 まず漢字で書いてしまいましたが、八目鰻=ヤツメウナギです。余談ですが、ドイツ語では Neunaugen(九つの目!)です。これも余談ですが、絶滅危惧種のニホンウナギなどのウナギ類の仲間ではなく、上下顎からなるアゴを持たない、円口類の仲間です。 ↓ カワヤツメ。過去の共著作 Takio et al., 2007より。